知って備える!ED治療薬の副作用

頭痛がする男性

「ED治療薬、効果はあるけど副作用が気になる」
「頭痛が気になって、セックスに集中できない」

ED治療薬を服用中、または服用を検討している方へ、副作用の起きる原因や対処法について紹介していきます。

【誰もが経験する?頭痛や鼻づまり】

ED治療薬は、勃起を促進するために血管を広げる働きを持っています。その際に脳内の血管も拡張され、周辺の神経も刺激されてしまうのです。頭痛やほてりなどの症状は、バイアグラやレビトラを服用した人の半数以上が経験しています。

その中でもレビトラは、即効性があるぶん副作用も起きやすいという声が上がっています。

では、どのようにして副作用を減らしていけばいいでしょうか。

【副作用リスクは減らせる?対処法は?】

ED治療薬による副作用は、アルコールを飲んだ際に起こる症状と似ていると言われています。例えばお酒を飲んで頭痛がしたり顔が赤くなったりしやすい人は、ED治療薬の服用時にも同じような症状が現れやすいです。

もし頭痛やほてり感がでやすい方は、イブやロキソニンといった市販薬で頭痛対策を行ってください。しかしロキソニンは空腹時に飲むと、胃の粘膜を荒らすおそれがあるので胃が弱い方は胃薬との併用をおススメします。

さらにED治療薬は摂取する量が多ければ多いほど、副作用も現れやすくリスクを伴います。適量は人によって異なるので、副作用が強く出てしまう場合は服用量を減らしてみるのもいいでしょう。

また、ほとんどの諸症状は実際に治療薬の効果が現れているという証拠であり、しばらくすると治まるので心配する必要はありません。気になる副作用には症状に合わせた薬と併用して、より快適にED治療薬を使用しましょう。